• 組織内の対立を乗り越える|大川隆法総裁 質疑応答集

    組織の部門間の対立を乗り越えるためのリーダーシップについてご教示ください。 問題は二つあります。ドラッカーの経営論で、「目標管理」というのが出ています。これは、「企業をつくるとき、目標管理をすることで企業が大きくなる仕組…

  • セクショナリズムの克服|大川隆法総裁 質疑応答集

    他人に関心がなく、他部署と軋轢(あつれき)を生む人に対し、アドバイスをお願いします。 いわゆる「セクショナリズム」の問題かと思います。どの人も「自分が仕事で専門としてやってきたこと」は詳しく知っており、部下を指導できるの…

  • 家庭と仕事を両立するためのヒント|大川隆法総裁 質疑応答集

    仕事の生産性を高めつつ、家庭を維持するためにはどうすればいいでしょうか。 普通の人間よりも、何かで“プラスアルファ”的に処理していく能力というか、片付けていく能力が高くないと、家庭を持って仕事のレベルを落とさずにやってい…

  • 読書の効用とは?|大川隆法総裁 質疑応答集

    老いも若きも“スマホ一辺倒”ですが、改めて読書の効用を教えてください。 本になって遺(のこ)るようなものというのは、ある程度、普遍性があるというか、あとに遺せるようなものが多いわけです。 昔も今もそうですが、本を書けると…

  • 若手経営者の心構え|大川隆法総裁 質疑応答集

    若手経営者が諫言(かんげん)を受け止める器をつくるには、どうしたらよいでしょうか。 人間として“練れて”こないといけないのです。「大将たる者、くだらないことで怒ってはいけない」ということは心得るべきです。 松下幸之助の著…

  • インスピレーションを受ける工夫|大川隆法総裁 質疑応答集

    インスピレーションを受けるために心掛けるべきことを教えてください。 緊張には、「天上界的な意味での緊張」と「三次元的波動が強い緊張波動」があります。場合によっては「地獄界波動」もあると思います。 天上界からのインスピレー…

  • 信念を貫くために|大川隆法総裁 質疑応答集

    「信念を貫くときの心構え」を教えてください。 試しのとき、試みのときは必ず来ますが、「それは自分を鍛えるためにあるのだ」と思っていただきたいのです。 『現代の帝王学序説』(幸福の科学出版刊)という書籍を開いてみると、私の…

  • 人を惹きつける人物になるためには|大川隆法総裁 質疑応答集

    理想を純粋にこの世に現していくために、心得ておくべきことを教えてください。 アメリカのノーマン・ビンセント・ピール博士は光明思想の大家であり、赤字の教会を三つも立て直しています。 教会では、所属信者数が300人ぐらいを切…

  • 大を成す人の「習慣の力」|大川隆法総裁 質疑応答集

    個人の能力を伸ばすために必要な、「良き習慣」を守り抜く心掛けについてご教示ください。 勤勉に働く人は、必ず習慣ができているのです。そして、その習慣を成果に結び付けていく努力があったと思います。 今、あなたは「習慣」という…

  • 「信仰による奇跡」について|大川隆法総裁 質疑応答集

    2014年5月15日の御法話「福音書のヨハネ イエスを語る」のなかで言われていた、「信仰心を媒体として、言葉と言葉が呼応したときに奇跡は起こる」ということについて、お教えいただければと思います。 例えば、私の言葉を知識や…