Q画像 大川隆法総裁質疑応答集

家庭科と福祉の教員をしています。小学校における家庭科の大切さについて教えてください。

大川隆法 質疑応答集 罫線(上)

A画像 大川隆法総裁質疑応答集

家庭科は大事です。幸福の科学学園の校長には、「家庭科は、男女共にしっかりやってくれ」と言ってあります。


家庭科は、幸せな結婚生活のためにも、幸せな独身生活のためにも重要になるので、男女共に不可欠な教科になると思われます。

ただ、一つ言っておかねばならないことは、結婚して子供ができた場合、少なくとも子供の前、もしくは外の人と接するような場においては、「夫を立てる」というスタイルをとらないと、必ず家庭不和が起きるということです。

私は、家庭科という教科には、やはり結婚の条件として大事な面があると思います。婚期を逃しがちな人や、「結婚したくない」と積極的に言っている人は、みな家庭科が苦手なタイプなので、家庭科は婚活の原動力になる部分だと言えるのです。

家庭科に得意技を持っていれば、それは婚活の大きな武器が手に入るということですし、日本の将来にとっても、非常に大事なことだと思います。

『教育の法』には書き忘れましたが、私は家庭科も好きでした。料理をつくるのは大好きでしたし、ペーパーテストではいつも満点でした。

「物をつくる」というのは、とても面白いことであり、非常に創造的なことだと思います。この能力は、ほかの分野にも応用が利くはずなので、大事にしてください。

(法話「セルフ・ヘルプと愛国心」「質疑応答」より)

大川隆法 質疑応答集 罫線(下)

参考書籍

この質疑応答集は、『不惜身命 大川隆法 伝道の軌跡』から引用・転載されています。

『不惜身命2011 大川隆法 伝道の軌跡』(大川隆法 著/幸福の科学出版)

不惜身命 大川隆法 伝道の軌跡

世界を導く「ワールド・ティーチャ―」として。

―――「大悟30周年・立宗25周年」の2011年、
国内外で年間200回を超えた説法の記録。

幸福の科学出版での購入
Amazonでの購入Kindle版電子書籍もあります)

もっと詳しく知りたい方へ

関連記事

結婚なんて、と思っていた私が幸せな家庭を手に入れた【幸福の科学 信仰体験】

結婚なんて、と思っていた私が幸せな家庭を手に入れた【幸福の科学 信仰体験】

わが家は、夫と小学生の娘2人、私の4人家族。いつも子供たちの元気な声が響いています。独身時代の私は、結婚に消極的でした。しかし、仏法真理に出会ったことで、人生が180度変わったのです。
> 続きを読む

“夫の宗教”に入信―結婚10年目、人生が変わった!―【体験談】

“夫の宗教”に入信―結婚10年目、人生が変わった!―【体験談】

幸福の科学の信仰を持つご主人と結婚するも、10年間にわたって宗教とは距離を取り続けていたOさん。入信のきっかけは、ご主人以外の会員信者と知り合うようになったことでした。幸福の科学に入ったことで「幸福のレベルが格段にあがった」というOさんの気持ちの変化を教えていただきました。
> 続きを読む

関連書籍

教育の使命

教育の使命

この一冊が、日本の教育を変える! イジメ問題、教員の資質への疑問、国際競争力の低下…… いまこそ、自虐史観など戦後学校教育の誤りを正し、 「自助努力の精神」「企業家マインド」「宗教教育」によって、 この国の未来を切り拓く―――。

幸福の科学出版での購入
Amazonでの購入

教育の法

教育の法

教育再生への挑戦。 学校への信頼。 熱心な人格者としての教師。 伸びていくことを喜びとする生徒。 ―――そんな教育を、この日本からつくりたい。 日本の学校教育に疑問を持つ すべての人びとに捧げる一冊。

幸福の科学出版での購入
Amazonでの購入

関連リンク

幸福の科学出版
大川隆法大講演会サイト