知りたかった“悩みの答え”や、百冊の読書にも相当する“教養”が得られる「法話」。5月に説かれた法話の一部を紹介します。

5月の主な法話・霊言

5月03日  「高貴なる義務を果たすために」(法話)
5月05日  「聖クララの霊言『人として正しく生きる』」(霊言)
5月07日  「吉高由里子守護霊の霊界入門」(霊言)
5月09日  「真のエクソシスト(説法・QA)」(法話)
5月17日  「中小企業繁栄法」(法話)【精舎の御法話研修で開催】
5月24日  「人として賢く生きる」(法話)
5月29日  「人間の運命について」(法話)
5月30日  「心霊現象リーディング(2)」(リーディング)

5月に公開された大川隆法総裁の法話・霊言はこちらでご確認いただけます。全国の幸福の科学の精舎や支部で動画公開していますので、ぜひお近くの幸福の科学でご覧ください。

Pick Up! 法話「高貴なる義務を果たすために」

2018年5月の法話・霊言

5月3日の憲法記念日、大川総裁は東京正心館で法話を行い、その様子は全国の会場に中継されました。

はじめに、政府の「給料を上げろ、休みを増やせ、税金はもっと払え」という発信に疑問を投げかけ、この“行き着く先”を見通して警鐘(けいしょう)を鳴らしました。

また、AI(人工知能)やロボットの普及に伴い、今後、単純労働の雇用は減っていくものの、機械ではできない仕事も数多くあると指摘。人間が生み出せる仕事の例を挙げ、そこに「生き残る道」があると語りました。

そして、人間にとって仕事とは、「魂を輝かせるための大切な方法」の一つであると述べ、「人生百歳」時代に備え、長く活躍する秘訣の数々を説きました。

最後に、突然「非核化」を持ち出した北朝鮮に関して、「簡単に騙されず、トップの人格を見極めるべき」と指摘。独裁国家を崩壊させるには、「自由」「民主」「信仰」を入れる必要があると語り、特に、人権を守るために「信仰」が不可欠であることを力強く訴えました。



◇5月に行われた法話・霊言や新刊書籍の紹介は、月刊「幸福の科学」7月号(No.377)でも取り上げられています。もっと詳しく知りたい方は、月刊「幸福の科学」をご覧ください。

月刊「幸福の科学」7月号(No.377)

月刊「幸福の科学」7月号(No.377)年をとるということ

●大川隆法総裁 心の指針163「年をとるということ」
●【特集】心と体が若返る 幸せなエイジレス人生実践法
神秘の力