ご参加ありがとうございました

2017年8月2日(水)、大川隆法総裁の特別大講演会「大川隆法 IN 東京ドーム」が開催されました。

本会場・東京ドームには約5万人以上の方が参加し、さらに全国・全世界3,500カ所に衛星中継されました。会員信者のみならず、たくさんの一般参加者の皆さまにご参加いただけましたことを感謝申し上げます。

22年ぶりとなる東京ドームでの大講演会

いよいよ当日を迎えた、幸福の科学にとって22年ぶりとなる東京ドームでの特別大講演会。参加者は全国各地から参集し、受付開始時刻の15時15分を過ぎると、東京ドームは目に見えて活気に包まれました。

東京ドームのアリーナやコンコースには、幸福の科学出版幸福実現党幸福の科学学園HSU国際伝道、ニュースター・プロダクションアリ・プロダクションといった映画・芸能活動など、幸福の科学グループの各事業を紹介するブースが出展し、来場した方々をお迎えしました。

千眼美子(清水富美加)による、映画主題歌「眠れぬ夜を超えて」初披露!

18時30分に開演し、千眼美子(清水富美加/アリ・プロダクション)が初披露となる「眠れぬ夜を超えて」(映画「さらば青春、されど青春。」主題歌)を歌唱。初挑戦となるボーカルに会場は湧き、映画公開への期待が高まります。

映画「さらば青春、されど青春。」では、当日の司会を務めた大川宏洋(ニュースター・プロダクション)が主演、千眼美子がヒロインを演じ、2018年初夏公開予定です。ぜひご期待ください。

続いてプログラムは幸福の科学の紹介映像、そして奉納曲へと進み、ついに大川隆法総裁の登壇時刻を迎えました。

大川隆法総裁 講演「人類の選択」

大川隆法総裁登壇に会場は大きな感動で包まれ、割れんばかりの拍手や喝采が湧き起こりました。大川隆法総裁は、東京ドームでの22年ぶりの講演会が実現したことへの感慨を述べられ、講演では次のようなことに言及しました。


いま東京ドームから全世界に教えを説くことの意味
人類創造の真実と、始原の神の名
北朝鮮問題に対するアメリカの決断が人類の未来を分ける
自由が著しく制限される社会主義的全体主義国家の恐怖
宗教や唯物論を原因とした戦争を終わらせるために
世界の諸宗教のもとなる地球神から示された「人類の選択」とは


大川総裁の講演「人類の選択」の動画は、8月2日より全国の支部・精舎等で公開されています。
ぜひお近くの幸福の科学でご覧ください。



本会場に参加された方の声

<会員信者>

●世界の視点からの人類の選択、人類愛、神の存在、政教分離の間違いに大きな気づきをいただきました。迫力ある、地球神の言霊に身が震えました。(70代・女性)

●日々、マスコミの報道にうんざりしていました。中国や北朝鮮の人やイスラム教の人が嫌いになるところでした。でも、大川総裁は言いました。「全ての民を愛している」と。だから、私は、人を愛することをやめません。(40代・女性)

●全ては神の愛から始まるのだとしみじみ感じました。具体的事例がとても楽しく感じました。新たなステージ、新たな目標を掲げて愛を与え続けていきたいと思います。許すことも少しずつですができるように努力します。(30代・女性)

●戦争をするためにこの地球をつくったのではないという強い強い思いがひしひしと伝わってきました。こうしたことを全世界に訴えかけられる人はいないとつくづく思いました。そして、今年がとても重要な年なのだと…。(60代・女性)

●千眼さんの歌が心に響いて素晴らしかった。これからのご活躍を心より応援して祈っております。大川総裁の力強い迫力の教えに、私たちも残りの人生、思いっきり使命を果たすべく生きていきたいと思います。(60代・女性)

●神はまだ人類を見捨ててはいない。全人類を愛しておられ、人類が正しい選択をすることを強く願っておられるということがわかりました。そして、それは、本日集いし、私達の行動にかかっているとわかりました。(50代・男性)

●ものすごい時代を生きていることを痛感致しました。もっともっと、この神の言葉、神の意志を伝えてゆかねばならないと改めて強く思えました。千眼さんの歌、すばらしすぎて、日本中の人に聴いていただきたかったです! たくさん練習されたことも伝わりましたが、何より本人の魂のバイブレーション、これからたくさんの人を救っていくんだと強く感じ入りました。(30代・女性)

●大川総裁の魂の叫びがとても胸に響きました。これからの日本を支える若者の1人として、改めて自分には何ができるのかを見つめ直していきたいと思います。(20代・女性)

●恐怖のない自由な世界で、さらに神を信仰していくことがどれだけ大事かがわかりました。今の世界の状況もよくわかり、私たちはこのままではだめだと反省すると同時に、世界や世界の未来を救うためのリーダーになるべく、日々もっと努力をし続け進化し、発展しないといけないと思いました。そのためにもまず自分のできる精いっぱいのことをすること、多くの人に愛を与えることを実践していきたいと思いました。(10代・女性)


<一般参加者>

●最後の言葉は圧巻でした。宗教を超えた融和と協調の大切さが、今後の世界を救う道なのかもしれない。あらためて、今が一番大切な時だと感じました。(40代・男性)

●本会の精神を政治の世界に生かす幸福実現党の躍進に期待します。私もしっかりとお手伝いさせて頂きます。(60代・男性)

●北朝鮮問題に対する米国の対応と、その結果による将来の展望についての話に感銘を受けました。また、世界各国の神様を政教分離、そしてなぜ戦いが起こるかということを論理的に説得されている点に感銘を受けました。(50代・男性)

●神はそれぞれの国や地域、民族に存在し、自身の神が正しいと疑わないこと、確かにその通りだと思いました。神を信じるという行為は、誰しもができるのに、信じる神によって戦争が生まれるのは悲しいです。(20代・男性)

●今日の大川総裁の講演に、深い感銘を受けました。現在、世界各国で自由と平和を絶叫している反面、北朝鮮独裁者は、自分の体制を死守する為、核開発、弾道ミサイルで平和的な人類を脅しています。これは金正恩自身が正しい信仰が無いからです。彼には、今夜の大川総裁の心からの叫び・教えを胸に抱いて欲しい。今日はありがとうございました。(70代・男性 脱北者)

●感動的でしたね。キリスト教やイスラム教の話は今までの埼玉や横浜での講演会では聞いたことがなかっですね。前は政治の話が多かったですから。最初と最後の箇所は宗教家だなあと感じました。(70代・男性 雑誌編集者)

●千眼さんの歌、良かったです。思っていた以上に良かったです。心に染み渡りました。説法もすごい迫力でした。(30代・男性 編集者)

●初めて生の講演をお聴きしましたが、すごい迫力でした。総裁の言葉は、一見、強い言葉のように聞こえますが、なぜか柔らかい。国際情勢に対する危機意識、賛同いたします。(50代・男性 新聞社勤務)

●「神は人を殺すことを望んでいない。神の声を聞け」という言葉が心に残りました。なぜ指導者たちが神の声が聞けないのかと言えば、孤独による恐怖心からだと思います。 今は宗教の本質が変わりつつありますが、本来、宗教は恐怖を乗り越えるためにあるはずです。今日の話は納得することが多かったです。(40代・男性 ジャーナリスト)