Q画像 大川隆法総裁質疑応答集

私は高校の教師ですが、家庭問題を抱える生徒を、どのように指導したらよいでしょうか。

大川隆法 質疑応答集 罫線(上)

A画像 大川隆法総裁質疑応答集

家庭問題には、いろいろなものがあり、学校の先生には解決できない場合も数多くあります。


ただ、言えることは、「子供には、人間として強くなることを教えなければいけない」ということです。

本当の意味での自尊心があれば、すなわち、自分自身が、「自分は神の子、仏の子だ」と本当に信じられたら、その誇りが自分を守るのです。

また、先生には、ある程度の厳しさも必要だと思います。家庭問題の影響を受けすぎて、進学等の際に同情を引くようなタイプの生徒に対しては、「自己憐憫(じこれんびん)は決して幸福にはつながらない。今の環境のなかで最善を尽くすことが、次の道を必ず拓くのだ」ということを教えなければいけません。

世の中に道はたくさんあるのです。

個別に見れば不幸に見えることが、人生全体では実は不幸ではない場合もあります。今の状況を、ある程度、受け入れ、小さな自己像であまり苦しまないようにすることが大事です。

結論としては、子供たちに、「人間には神性・仏性がある」ということを信じ、かつ、強くなっていただきたいのです。

生徒が、家庭環境などから、いろいろと悪い影響を受けることもあるでしょうが、先生は生徒に、「あまりにも人を悪く見すぎる考え方は、やめたほうがよい。人生は、思いどおりにいかないのが当たり前なのだ」という見方も教えなければいけません。



大川隆法 質疑応答集 罫線(下)

参考書籍

『不惜身命2010 大川隆法 伝道の軌跡』(大川隆法 著/幸福の科学出版)

不惜身命 大川隆法 伝道の軌跡

「常識」を破壊し、新時代を創造する。

―――すべては真実のために。 新時代への創造
国難に見舞われた2010年、 年間二百数十回におよんだ 大川隆法の説法ダイジェスト集。

幸福の科学出版での購入
Amazonでの購入Kindle版電子書籍もあります)

もっと詳しく知りたい方へ

関連記事

優しい言葉かけで落ち着きを取り戻した長男【体験談】

優しい言葉かけで落ち着きを取り戻した長男【体験談】

ケンカ相手にケガをさせ、相手の家に親子であやまりに行くことが幾度もあったお母さんが、心を深く見つめ、息子の言動が自分の心の反映だと気づけた体験。…
> 続きを読む

「怒らない」「キツイ言葉を出さない」で、子供たちがイキイキした家庭へ【幸福の科学 信仰体験】

怒らない」「キツイ言葉を出さない」で、子供たちがイキイキした家庭へ【幸福の科学 信仰体験】

私は20歳で結婚、21歳で長女を出産しました。わが子を見たとたん、もうかわいくて!「立派な人間に育てよう。それが私の仕事なんだ」と張り切りました。…
> 続きを読む

関連書籍

教育の法

教育の法

教育再生への挑戦。 学校への信頼。 熱心な人格者としての教師。 伸びていくことを喜びとする生徒。 ―――そんな教育を、この日本からつくりたい。 日本の学校教育に疑問を持つ すべての人びとに捧げる一冊。 …

幸福の科学出版での購入
Amazonでの購入

心を育てる「徳」の教育

心を育てる「徳」の教育

受験秀才の意外な弱点とは? わが子の将来に必要な「徳力」とは? 幸福と成功をもたらす 新しい教育のカタチ。 …

幸福の科学出版での購入
Amazonでの購入

関連リンク

幸福実現党
幸福の科学出版
大川隆法大講演会サイト