Q画像 大川隆法総裁質疑応答集

地方自治体を、「地域の強みを生かした経営体」として発展させるためにはどうすればよいでしょうか。

大川隆法 質疑応答集 罫線(上)

A画像 大川隆法総裁質疑応答集

本当の意味で「地方分権」を行うには、地方自治体の長を選ぶ際に、経営能力のテストが必要です。


「その地方に合ったかたちで独自に収入をあげる方法について、考え出す権利を与える」という意味で、地方に自主性を持たせることに、私は反対ではありません。

自治体の長の経営能力が高ければ、できないことではないからです。

もしそうするのであれば、自治体で独自のマネジメントができる体制をつくる必要がありますが、そのためには、大きな会社をつくった人や経営に成功した人など、手腕(しゅわん)に定評がある人をスカウトし、自治体の長に据えないと駄目かもしれません。地方は情報機能が都市部より低いため、地方の人ではイノベーターとしての力が落ちるのです。

ただ、地方が、新しい企業をつくり、人材のUターンを呼び込み、住みよくなったりすれば、人材や情報の層が厚くなってくる可能性はあります。

しかし、地方分権を安易に行うと、地方の切り離しになる可能性もあるので、気をつけなくてはなりません。

今、財務官僚が狙っているのは地方交付税のカットです。それを行えば、表面上、国の赤字の部分を減らせるため、国債に頼らなくても、財政が均衡(きんこう)しているように見えるからです。

どうしても地方分権を導入するのであれば、全国一律で行う前に、どこかをモデル的に指定し、そこでテストしてみたらよいのではないかと思います。



大川隆法 質疑応答集 罫線(下)

参考書籍

『不惜身命2010 大川隆法 伝道の軌跡』(大川隆法 著/幸福の科学出版)

不惜身命 大川隆法 伝道の軌跡

「常識」を破壊し、新時代を創造する。

―――すべては真実のために。 新時代への創造
国難に見舞われた2010年、 年間二百数十回におよんだ 大川隆法の説法ダイジェスト集。

幸福の科学出版での購入
Amazonでの購入Kindle版電子書籍もあります)

もっと詳しく知りたい方へ

関連記事

中小企業が元気になる! 大川総裁の政治提言と心の教え【体験談】

中小企業が元気になる! 大川総裁の政治提言と心の教え【体験談】

不況が長期化するなか、経営危機に陥ったときには、常に大川総裁の教えを学び、神仏の御心にかなった経営を目指して改善を図り、何とか危機を乗り越えてきたと言います。幸福実現党の政治活動にも尽力されているTさんにお話を伺いました。…
> 続きを読む

お母さん社長の奮闘記【体験談】

お母さん社長の奮闘記【体験談】

Y・Nさんは6人の子供のお母さん。さまざまなアイデアで大家族の家計をやりくりしてきましたが、子供が成長するにつれ困窮していきます。そんな折、子供の学費問題をきっかけに起業を決意しました。今回は、「普通の主婦」が経営者へと成長したサクセスストーリーをお届けします。…
> 続きを読む

関連書籍

未来への国家戦略

未来への国家戦略

沈みゆく国家を救う、 起死回生の戦略がある。 本格的な左翼政権がもたらした経済危機、 米軍基地問題で見えてきた地域主権論の危険性、 なぜマスコミは消費税増税を唱えはじめたのか…。 鳩山政権の崩壊から、菅政権の発足、そして 2010年参院選直前までの政治的講話集。 …

幸福の科学出版での購入
Amazonでの購入

経営の創造

経営の創造

普遍的な経営のスキルと極意を体系化――― 真剣勝負で、黒字経営を目指せ! 成功する事業には、必ず 「原因と結果の法則」が隠されている。 …

幸福の科学出版での購入
Amazonでの購入

関連リンク

幸福実現党
幸福の科学出版
大川隆法大講演会サイト