知りたかった“悩みの答え”や、百冊の読書にも相当する“教養”が得られる「法話」。6月に説かれた法話の一部を紹介します。

6月の主な法話・霊言

6月06日  「和田アキ子の守護霊メッセージ」(霊言)
6月12日  「『現代的悟りの発見』ー迷いか、悟りかー」(法話)
6月16日  「天橋立・天女伝説リーディング」(リーディング)
6月17日  「政治の意味」(対談)
6月21日  「老いて朽ちず」(法話)
6月30日  「ミステリアス女優・ 小松菜奈の『カメレオン性』を探る」(霊言)

6月に公開された大川隆法総裁の法話・霊言はこちらでご確認いただけます。全国の幸福の科学の精舎や支部で動画公開していますので、ぜひお近くの幸福の科学でご覧ください。

Pick Up! 法話 「『現代的悟りの発見』ー迷いか、悟りかー」

現代的な状況のなかで、「悟り」のあり方とはいかにあるべきか。学校での生活や、職場における具体的な事例を交えて説かれました。

若い人にとって欲を否定することは難しいが、肉体からくる生存欲を抑えることで自制心が生まれると指摘。それを精神性や霊性につなげていくことの大切さを語りました。

また、仕事面での心の修行として、「同僚や部下への接し方」や、「頭の回転が速くても出世できない人」の特徴と注意点などに言及。霊感が強くなり、霊的影響を受けやすくなった場合に重要な自己鍛錬の方法も解説しました。

悟りを求めつつ、着実に実力と信頼を積んでいくための智慧が数多く示された法話です。

Pick Up! 祝・大川裕太常務理事 大川雲母さん 御結婚対談

この度、大川隆法総裁の三男・裕太常務理事と、大川雲母(きらら)さん(旧姓渡邉)が入籍され、大川総裁と紫央総裁補佐ご臨席のもと「御結婚対談」が行われました。

東京大学法学部に在学しながら教団の聖務に携わっている裕太常務理事は、雲母さんとの交際が両家公認のもと2年に及ぶことを告白。現在、卒業単位をほぼ取得し、来年の卒業後に「フルパワーで活動できる環境を整えるため」、学生結婚に踏み切ったことを明かしました。

雲母さんは、今まで支えてくれた方々への感謝や、女優業を通して信仰が深まった体験に言及。話題はお互いの印象や過去世のご縁にも及び、裕太常務理事は最後に、「なるべく早く教団のお役に立ちたい」と抱負を語りました。



◇6月に行われた法話・霊言や新刊書籍の紹介は、月刊「幸福の科学」8月号(No.366)でも取り上げられています。もっと詳しく知りたい方は、月刊「幸福の科学」をご覧ください。

月刊「幸福の科学」8月号表紙

月刊「幸福の科学」8月号(No.366)あなたにもっとハッピーを!

●大川隆法総裁 心の指針152「言葉に泣く」
●【特集】あなたにもっとハッピーを!幸せづくりに取り組む幸福の科学グループの活動―
法話「信じる力」(1)「31年前のゼロからのスタート」(会員ページ)
●幸福体験談
6月の法話&霊言一覧

月刊「幸福の科学」8月号(No.366)
機関誌をお読みになりたい方へ